【中山記念】(中山)~紅一点ヌーヴォレコルトが制す [News]
2015/03/01(日) 17:09
中山11Rの中山記念(4歳以上GII・芝1800m)は、3番人気ヌーヴォレコルト(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒3。クビ差の2着に2番人気ロゴタイプが、1馬身半差の3着に4番人気ステファノスがそれぞれ入線。

ヌーヴォレコルトは美浦・斎藤誠厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ、母オメガスピリット(母の父スピニングワールド)。通算成績は10戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 ヌーヴォレコルト(岩田康誠騎手)
「直線、外に進路がなかったので、イチかバチか、最内を狙いました。この馬自身、立ち回りがうまいですし、去年よりもパワーアップしています。今後もがんばってもらいたいと思います」

(斎藤誠調教師)
「休み明けでも落ち着いていて、仕上がりはよかったです。スッといい位置がとれましたし、道中もいい感じでした。4コーナーでタイトになり、強引な進路取りになりましたが、あそこに入っていけるんですから、この馬はすごいですね。皐月賞馬2頭に対して、強い勝ち方でした。去年の秋は人気を背負って勝ちに行き、少しだけ負けましたが、力はあると思っていましたから、それを証明できてよかったです。雨は気になりましたが、力強く走れましたし、本当に頭が下がります。このあとはヴィクトリアマイルから宝塚記念に向かいます」

2着 ロゴタイプ(C.デムーロ騎手)
「好位で引っかからずにスムーズな競馬ができました。直線でもしっかりと伸びています。しかし、勝った馬が強かったです。今日は惜しい競馬でした」

3着 ステファノス(A.シュタルケ騎手)
「大外枠は思惑と違いましたが、この馬場は気にしていませんでした。道中はイスラボニータをマークしていましたが、イスラボニータが4コーナーから動いてくれなかったので、早くエンジンをかけたいと思っていただけに、仕掛けがワンテンポ遅れてしまいました。イスラボニータがもっとビュッと行ってくれたら、さらに上の着順だったかもしれません。しかし、将来性を感じました」

4着 マイネルフロスト(松岡正海騎手)
「やれる手応えはありましたし、勝ったと思いました。しかし、4コーナーで内から他の馬に寄られて、この馬の競馬ができませんでした」

5着 イスラボニータ(蛯名正義騎手)
「あまりこの馬場が得意ではないのかもしれません。これだけの馬ですから、まだビシビシと仕上げておらず、徐々に仕上げていこうという形だったと思います。こういう馬場は初めてだったので仕方ありません。そんなに負けているわけでもありませんからね」

6着 タガノグランパ(菱田裕二騎手)
「ゲートも出ましたし、勝った馬と同じ位置につけられました。馬自身も成長しています。欲をいえば良馬場でやりたかったです」

7着 トラストワン(和田竜二騎手)
「雰囲気はよかったですし、動けていました。いい馬になっています。しかし、道悪はよくありません。良馬場だったらと思います」

8着 ナカヤマナイト(柴田善臣騎手)
「雰囲気がよかったので、いいかなと思いました。しかし、まだ本来の調子ではありません」

9着 ヒラボクディープ(大野拓弥騎手)
「4コーナーまではよかったです。最後は馬場を気にしていました。前走よりもよくなっています」

10着 ゼンノルジェロ(熊沢重文騎手)
「ゲートの中でうるさかったです。もっと前に行きたかったのですが、思ったようにいきませんでした。それが大きかったです」