【アーリントンC】(阪神)~関東馬ヤングマンパワーが重賞V [News]
2015/02/28(土) 16:36
阪神11Rのアーリントンカップ(3歳GIII・芝1600m)は、9番人気ヤングマンパワー(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9。クビ差の2着に5番人気アルマワイオリが、ハナ差の3着に7番人気マテンロウハピネスがそれぞれ入線。

ヤングマンパワーは美浦・手塚貴久厩舎の3歳牡馬で、父スニッツェル、母スナップショット(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ヤングマンパワー(松岡正海騎手)
「何とか届いてくれという思いでしたが、最後まで止まらずに伸びてくれました。厩舎に来たときから(同じ厩舎の)アルフレードに背中が似ているなと思って期待していましたし、今後も楽しみです」

(手塚貴久調教師)
「人気ほど差はないと思っていましたが、うまくいきました。重賞を勝ってくれましたし、このあとは少し休ませてあげて、次はどこに向かうか考えようと思います」

2着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「悔しいですが、体も精神的にもよくなっていました。自然と後方からになりましたが、今後へ向けて楽しみが広がりました。落ち着いて走れていたのは大きいですし、この先もっとよくなるでしょう」

4着 ナヴィオン(岩田康誠騎手)
「最後はいい脚で差を詰めたのですが......。それでもスタートはうまく出てくれたし、力はあるうまです。次はもう少し前の位置でついていけると思います」

6着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「道中は脚をためていって、いい脚を使ってくれましたが、坂の途中で同じ脚色になってしまいました。このクラスでも力は十分通用するところは見せてくれましたが、距離が少し長いかもしれません」

8着 ナリタスターワン(福永祐一騎手)
「今日はレース前からだいぶ気負っていて、それが競馬にも響いてしまいました。ただ、まだキャリアが浅いですし、これから修正していけば問題ないでしょう」

10着 ナイトフォックス(武豊騎手)
「直線に向いてから一瞬伸びましたが、最後の1ハロンで止まりました。小回りコースの方がいいのかもしれません」