【アメジストS】(東京)~人気のダノンジェラートが間を割ってクビ差捉える [News]
2015/02/22(日) 16:18
東京10Rのアメジストステークス(4歳上1600万下ハンデ、芝2000m)は1番人気ダノンジェラート(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒8(良)。クビ差2着に6番人気シャドウパーティー、さらにクビ差で3着に5番人気レコンダイトが入った。

ダノンジェラートは美浦・萩原清厩舎の6歳牡馬で、父ディープインパクト、母ペンカナプリンセス(母の父Pivotal)。通算成績は14戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ダノンジェラート(横山典騎手)
「ここ数戦よりも馬の感じは良かったですし、体が増えていたことも良かったと思います。2000mでペースが遅くなると思い、ある程度位置を取りに行きました。2頭の間に入るまではなかなか進んで行きませんでしたが、入ってからはグンと伸びてくれました。ポテンシャルの高い馬ですし、上のクラスでもやれると思います」

2着 シャドウパーティー(ベリー騎手)
「前の方で、と指示を受けていました。馬込みの中でもしっかり走ってくれました。勝ったかと思いましたが、勝ち馬の一瞬の切れ味にやられてしまいました」

3着 レコンダイト(蛯名騎手)
「休み明けで重かった割によく走っています。もう少し良くなる余地がありますし、そうなれば上がっていける馬だと思います」

5着 マイネオーラム(石川騎手)
「ハンデも軽かったですし、二の脚が速かったので果敢に行きました。リズム良く走れましたし、このクラスでも十分やれると思います」