【ヒヤシンスS】(東京)~ゴールデンバローズが直線突き抜けて3連勝 [News]
2015/02/22(日) 15:56
東京9Rのヒヤシンスステークス(3歳オープン、ダート1600m)は1番人気ゴールデンバローズ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒1(良)。3馬身1/2差2着に5番人気イーデンホール、さらにクビ差で3着に2番人気クロスクリーガーが入った。

ゴールデンバローズは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父Tapit、母Mother Russia(母の父Mayakovsky)。通算成績は4戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ゴールデンバローズ(戸崎騎手)
「ずっと先行して、砂を被らない競馬をしてきました。今日は出負けをして、いい経験をしながら勝ってくれました。追ってからもいい感じでしたし、今後も楽しみです」

2着 イーデンホール(吉田豊騎手)
「砂を被っても嫌がらず、引っ掛かることなく、いい感じでした。勝った馬が抜けたので、こちらも行けるかなと思いましたが、最後は意外と伸びませんでした」

5着 ブルームーン(浜中騎手)
「初めての東京輸送で、返し馬から馬がイライラしていました。競馬自体は上手に走っていますが、まだまだ現状では使うたびにイライラしてきているので、リラックスしてくれればいいですね」

6着 タップザット(福永騎手)
「今日は砂を被ったり、馬群の中に入ったりと、初めてのことでも何かと辛抱してくれました。しかし、狭いところを割るまでにはいきませんでした。テンションが高かったのは、最終追い切りをやりすぎたからかもしれません。こんな馬ではありません」