【河原町S】(京都)~タガノトネールが内をついて惜敗続きに終止符 [News]
2015/02/22(日) 15:39
京都10Rの河原町ステークス(4歳上1600万下、ダート1400m)は1番人気タガノトネール(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒8(良)。1馬身1/4差2着に12番人気カーティスバローズ、さらにクビ差で3着に3番人気アルボナンザが入った。

タガノトネールは栗東・鮫島一歩厩舎の5歳セン馬で、父ケイムホーム、母タガノレヴェントン(母の父キングカメハメハ)。通算成績は25戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 タガノトネール(菱田騎手)
「初めて乗りました。行けたらハナに立つつもりもありましたが、無理には行く気はありませんでした。道中は自分で思っていた展開とは違っていましたが、馬群の中でレースを運んで収穫があったと思います。強かったと思います」

2着 カーティスバローズ(筒井騎手)
「中竹調教師から、前で競馬をして欲しい、と言われていました。スタートの出はそれほどでもなかったのですが、その後スーッと出て行きました。直線で勝ち馬に交わされて、そのまま飲み込まれてしまうかと思いましたが、よく頑張ってくれたと思います」