【ダイヤモンドS】(東京)~フェイムゲームが連覇達成 [News]
2015/02/21(土) 16:50
東京11Rのダイヤモンドステークス(4歳以上GIII・芝3400m)は、1番人気フェイムゲーム(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分31秒9。2馬身差の2着に2番人気ファタモルガーナが、2馬身半差の3着に8番人気カムフィーがそれぞれ入線。

フェイムゲームは美浦・宗像義忠厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母ホールオブフェーム(母の父アレミロード)。通算成績は15戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 フェイムゲーム(北村宏司騎手)
「直線での反応もよかったですし、スタミナも十分。気持ちも前向きになってくれて、こんな感じでいってくれればいいです。天皇賞では昨年のリベンジを果たしたいですね」

(宗像義忠調教師)
「58キロのトップハンデでしたが、よくがんばってくれました。このあとは馬の状態を見て決めたいと思います。力もつけていますし、今日のようにうまく動ければ天皇賞でも楽しみです」

2着 ファタモルガーナ(戸崎圭太騎手)
「切れ味でやられるのは嫌でしたし、スタミナもあるので早めに動きました。しかし、最後は相手の決め手にやられてしまいました」

3着 カムフィー(柴田善臣騎手)
「少しかかっていました。慣れてくれば長い距離でもやれるのではないでしょうか」

4着 ステラウインド(蛯名正義騎手)
「淡々と流れてくれればよかったです。2度目の3コーナーでペースが速くなって、いくらか前に出ていってしまいました。操縦性が高く、上手に競馬ができる分、距離をこなしている感じです。勝ったかと思いましたが、最後の100mで止まってしまいました」

5着 ネオブラックダイヤ(鹿戸雄一調教師)
「なかなか難しい馬ですが、今日は気分よくいっていた分、最後の粘りにつながりました。いい競馬したし、重賞でもある程度やれるということがわかりました」

8着 タニノエポレット(三浦皇成騎手)
「返し馬からリズムがよかったです。内々でうまく立ち回れました。さらによくなりそうです」

11着 アドマイヤフライト(藤岡佑介騎手)
「一度使われてよくなっていました。2着馬の後ろで流れに乗れました。しかし、最後は力尽きました」

15着 ラブイズブーシェ(田辺裕信騎手)
「馬の感じは悪くありませんでした。距離でしょうか」