【共同通信杯】(東京)~リアルスティールがデビュー2連勝で重賞V [News]
2015/02/15(日) 17:09
東京11Rの共同通信杯(3歳GIII・芝1800m)は、3番人気リアルスティール(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒1。半馬身差の2着に1番人気ドゥラメンテが、1馬身1/4差の3着に4番人気アンビシャスがそれぞれ入線。

リアルスティールは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(母の父Storm Cat)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 リアルスティール(福永祐一騎手)
「どれくらいやれるかと思って臨んだ一戦。強いメンバーがいる中、きっちりと勝ってくれて能力の高さを再確認しました。レースはスタートして外へ逃げて、他馬に迷惑をかけましたが、向正面では落ち着いて走っていました。ペースも速くないと思っていたし、思った通りの位置をとって、4コーナーまではイメージ通りでした。今日は相手も強いし、スペースを探しながらジリジリと伸びてくれました。体に芯が入ってきた感じですが、まだ走りに柔軟さが足りない気がします。ただ、賞金を加算できたことは大きいですし、これから馬の成長をうながしながらレースに使えると思います」

2着 ドゥラメンテ(石橋脩騎手)
「自分自身、折り合いをつけようという気持ちが強くなっていました。うまく折り合って我慢できていれば結果は違っていたと思います」

3着 アンビシャス(C.デムーロ騎手)
「好スタートを切って、好位につけられました。しかし、抜け出してからソラを使い、後ろから来る馬を待つようなところがありました。ただ、上位2頭は強かったです」

4着 ミュゼエイリアン(F.ベリー騎手)
「すごくいい馬です。しかし、最後は疲れてしまいました。瞬発力がないので、ヨーイドンの競馬では分が悪いです。まだ伸びる余地はあるので、これからも楽しみです」

5着 アヴニールマルシェ(北村宏司騎手)
「スタートは普通に出ましたが、すぐに前を塞がれて、ダッシュがつきませんでした。リズムは悪くなかったのですが、前の位置をとりたかったです。追い出したときは思ったより離されましたが、坂を上がってからまた差を詰められました。しかし、瞬時に加速できる持ち味があるとイメージしていたのですが......」

(藤沢和雄調教師)
「もう少し差してくると思っていましたが......。馬場も硬いし、他の馬も速いし、追いつけませんでした。今後のことについては少し考えます」

6着 ソールインパクト(内田博幸騎手)
「ゲートをうまく出てくれませんでした。後手後手になってしまいました」

7着 ティルナノーグ(田辺裕信騎手)
「ゲートの中で落ち着かず、後手後手になってしまいました。まだ緩さも感じられます。成長途上で、すぐに結果を求める馬ではないと思います」

8着 コスモナインボール(柴田大知騎手)
「よくがんばっています。いい頃に比べるともう少しです。硬さも出てきています。一生懸命走るので、疲れもあるのだと思います。乗りやすく、どんな競馬でもできるのですが......。左回りの方がいいです」

9着 ショウボート(浜中俊騎手)
「初めての輸送で、精神的にイライラしていました。道中、前にカベを作るまでエキサイトしていました。4コーナーでは前の馬が故障していたのかわかりませんが、避けざるをえなくなり、外に行くしかありませんでした」

10着 マイネルサクセサー(柴山雄一騎手)
「久々の分、追走に苦労していました。以前の行きっぷりがありませんでした」