【雲雀S】(東京)~オメガヴェンデッタがハナ差しのぐ [News]
2015/02/15(日) 16:17
東京10Rの雲雀ステークス(4歳以上1600万下・芝1400m)は、4番人気オメガヴェンデッタ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒9。ハナ差の2着に3番人気マカハが、3/4馬身差の3着に2番人気オースミナインがそれぞれ入線。

オメガヴェンデッタは栗東・安田隆行厩舎の4歳セン馬で、父ゼンノロブロイ、母ビハインドザマスク(母の父ホワイトマズル)。通算成績は9戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 オメガヴェンデッタ(浜中俊騎手)
「抜け出してからソラを使っていましたが、着差よりは余裕がありました」

3着 オースミナイン(福永祐一騎手)
「出して行ったのですが、後ろからでしたし、1400mは忙しいです。残り100mから脚色が同じになったのは休み明けの分でしょうか。阪神マイルの方がよさそうです」

5着 ハングリージャック(C.デムーロ騎手)
「スタートが速くて好位をとれましたが、本質的に短いのかなという印象です」

9着 マンボネフュー(蛯名正義騎手)
「隣の馬に弾かれて、一気にかかってしまいました。ポジションがよかったので、そのまま収まってくれればよかったのですが、調子がよくて反応しすぎてしまいました」