【エルフィンS】(京都)~クルミナルが2馬身差でV [News]
2015/02/07(土) 16:12
京都10Rのエルフィンステークス(3歳オープン・牝馬・芝1600m)は、1番人気クルミナル(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒3。2馬身差の2着に7番人気ナガラフラワーが、2馬身差の3着に5番人気ジルダがそれぞれ入線。

クルミナルは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母クルソラ(母の父Candy Stripes)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 クルミナル(池添謙一騎手)
「いいですね。競馬では乗りやすいですし、きつい位置でもしっかり走ってくれました。初戦同様、いい切れ味を見せてくれました。これでGIにも出られるでしょうし、楽しみです」

(須貝尚介調教師)
「新馬戦を使うまでに時間がかかり、何とかしたいと思っていた馬ですが、これほどとは......。今後が楽しみになる勝ち方をしてくれました。馬の様子を見て、一度使うか本番直行かを決めたいと思います」

2着 ナガラフラワー(藤岡佑介騎手)
「状態はよくなっていましたし、内容のある、いいレースをしてくれました。折り合いもラストも言うことはありませんし、いいセンスの持ち主です」

3着 ジルダ(C.デムーロ騎手)
「スタートが速く、好位で折り合えました。終いもしっかりしていますし、馬は一生懸命走っています」

5着 コルボノワール(A.シュタルケ騎手)
「いいレースはできたと思いますが、今日は最内枠だったので外に出せませんでした。この馬は外に出して、周囲の影響を受けない形がベストだと思います。ただ、勝った馬は強かったです」