【3歳500万下】(東京6R、7R)~ホワイトフーガ、ゴールデンバローズが勝利 [News]
2015/01/31(土) 15:15
東京6Rの3歳500万下(ダート1400m)は1番人気ホワイトフーガ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒8(不良)。3/4馬身差2着に6番人気アルタイル、さらに3馬身差で3着に3番人気フィールザプリティが入った。

ホワイトフーガは美浦・高木登厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母マリーンウィナー(母の父フジキセキ)。通算成績は3戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ホワイトフーガ(大野騎手)
「初めて馬群の中で競馬をしましたが、スムースに対応してくれましたし、先につながるいいレースが出来ました。馬の感じから長いところも持ちそうです」

3着 フィールザプリティ(田中勝騎手)
「昇級戦でよく頑張っています。ここを使って良くなって来ると思います」


東京7Rの3歳500万下(ダート1600m)は1番人気ゴールデンバローズ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒6(不良)。3馬身1/2差2着に4番人気ノボバカラ、さらに1/2馬身差で3着に2番人気ジェルブドールが入った。

ゴールデンバローズは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父Tapit、母Mother Russia(母の父Mayakovsky)。通算成績は3戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ゴールデンバローズ(石橋脩騎手)
「勝つことはもちろん、有り余るスピードや能力を変な方向に行かないように注意して乗りました。スタートは速くありませんでしたが、急かすと反応しすぎてしまうのが怖いので、安全に外を通りました。いい馬に乗せてもらいました。馬場は軽い感じはありません。雪と凍結防止剤が混じっていくらか重たく感じます」

2着 ノボバカラ(後藤騎手)
「相当頑張っています。求めていた内容や結果を残してくれました」

3着 ジェルブドール(四位騎手)
「少し初ダートで躊躇していました。砂を被ってフワフワして、追い出してからモタモタしていました。まだ緩いけど走る馬です」