【日経新春杯】(京都)~長期休養明けのアドマイヤデウスが重賞初制覇 [News]
2015/01/18(日) 17:04
京都11Rの日経新春杯(4歳以上GII・芝2400m)は、6番人気アドマイヤデウス(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒8。3/4馬身差の2着に10番人気フーラブライドが、3/4馬身差の3着に7番人気アドマイヤフライトがそれぞれ入線。

アドマイヤデウスは栗東・橋田満厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤドン、母ロイヤルカード(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 アドマイヤデウス(岩田康誠騎手)
「自分からハミを取ってくれて、思ったより前に行けました。道中はリズムよく運べましたし、直線ではよく伸びてくれました。落ち着きが出て大人になってきていますし、素質を秘めた馬です」

2着 フーラブライド(酒井学騎手)
「今日は意識的に前につけて行きました。1コーナーでしっかり抑えたら、馬がよく我慢して、直線は外に出したら、しっかり反応してくれました。今日は勝ち馬にうまく乗られました。でも、牡馬に交じってよくがんばっています」

3着 アドマイヤフライト(藤岡佑介騎手)
「イメージ通りのレースでした。操作性が優れているので、ポジションを取りにいくときも引っかかりませんでした。直線はいいところを抜けてきただけに悔しいですね。でも、さすがはこのクラスで結果を出している馬です」

4着 コウエイオトメ(北村友一騎手)
「スタートがよくて、位置取りがいつもより前になりました。ただ、ずっとカベを作れず力んで走っていました。それでも終いはよく伸びてくれました」

5着 ダコール(福永祐一騎手)
「外を回して届く馬場ではありませんから、勝ち馬の後ろにつけたかったのですが......。差のないところまで来ています」

7着 タマモベストプレイ(津村明秀騎手)
「少し太かったかな......。それに今日はいいときに比べて馬に硬さがありました」

8着 トウシンモンステラ(武豊騎手)
「大外枠でしたからね。思い切って内を狙いました。ここでも通用する感触を得ましたが、今日は内枠が欲しかったです」

11着 サトノノブレス(池添謙一騎手)
「58キロが影響しているのか、いつもの反応がありませんでした。坂の下りでもう手が動いていました」