【紅梅S】(京都)~コンテッサトゥーレが無傷の2連勝 [News]
2015/01/18(日) 16:20
京都10Rの紅梅ステークス(3歳オープン・牝馬・芝1400m)は、2番人気コンテッサトゥーレ(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒9。クビ差の2着に3番人気ラッフォルツァートが、2馬身半差の3着に14番人気ウインアキレアがそれぞれ入線。

コンテッサトゥーレは栗東・安田隆行厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母エアトゥーレ(母の父トニービン)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 コンテッサトゥーレ(C.デムーロ騎手)
「ゲート入りでゴネたり、出るときに後ろに重心をかけたりと、今後はその点が課題になるでしょう。出てからはいいスピードがあります。エンジンがかかるまで時間がかかりますが、かかってからはいい脚を使ってくれます。今日は良馬場発表ですが、まだ緩いところがあるので、パンパンの良馬場ならもっといい走りができそうです」

2着 ラッフォルツァート(岩田康誠騎手)
「うまく内ではまって折り合いもついたのですが、あと少しでした。勝ち馬は強かったですね」

3着 ウインアキレア(池添謙一騎手)
「ゲートはそれほど速くなく、やや後ろからの競馬でした。馬の後ろで折り合いがつきましたし、最後はジワジワと伸びてくれました」

4着 ラホーヤビーチ(森一馬騎手)
「前走で控えるレースができるとわかっていたので、直線まではしっかり脚をためました。最後はもうひと伸びしてくれましたし、この距離も合っていると思います」

5着 ノーブルルージュ(高倉稜騎手)
「陣営からは逃げてという指示でした。ただ、後ろから来られると力むような面があります。でも、能力は高いですね。内回りなら、また違っていたと思うのですが......」