【初富士S】(中山)~ラングレーがゴール前で抜け出す [News]
2015/01/18(日) 16:11
中山10Rの初富士ステークス(4歳以上1600万下・芝1800m)は、2番人気ラングレー(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒7。1馬身1/4差の2着に1番人気シャドウダンサーが、1馬身1/4差の3着に3番人気ダイワリベラルがそれぞれ入線。

ラングレーは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(母の父Storm Cat)。通算成績は10戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 ラングレー(川田将雅騎手)
「スムーズにレースができて、楽に勝つことができました。いいときに乗せてもらいました」

2着 シャドウダンサー(戸崎圭太騎手)
「前半はうながしながらの追走でした。馬群にとりついてからはよかったのですが、後方からのレースになり、外を回る形になってしまいました」

3着 ダイワリベラル(後藤浩輝騎手)
「いいレースはできています。周りを見ながらこの馬のタイミングで動きました。最後は切れ負けの形ですが、だいぶ安定しています」

4着 シベリアンスパーブ(松岡正海騎手)
「今は調子がいいです。このメンバー相手に定量でこれだけやれたのですからね」

5着 レッドセシリア(蛯名正義騎手)
「コーナーで上がって行けませんでしたし、直線もジリジリとした伸びでした。よくがんばっているのですが......」