【メイクデビュー】(中京6R)~カレンスフィーダが勝利 [News]
2015/01/18(日) 15:30
中京6Rのメイクデビュー中京(芝2000m)は、2番人気カレンスフィーダ(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分08秒0。3/4馬身差の2着に5番人気アドマイヤホークが、1馬身半差の3着に3番人気エアルーティーンがそれぞれ入線。

カレンスフィーダは栗東・安田隆行厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母タイキロザリオ(母の父Spinning World)。

レース後のコメント
1着 カレンスフィーダ(勝浦正樹騎手)
「馬がおとなしく、自分から行く感じではありませんが、4コーナーで早めに並びかけていきました。終いはしっかりしていますし、特に注文をつけるところもありません。一回使って変わってくるタイプだと思いますし、これからの成長がかなり見込めると思います」

2着 アドマイヤホーク(松山弘平騎手)
「ペースが遅かったですし、切れるタイプでもないので、自分から動いていきました。最後までしぶとくくらいついていますし、これからよくなると思います」

3着 エアルーティーン(藤岡康太騎手)
「スタートが上手ですし、緩いペースに力むことなく、スムーズに走ってくれました。直線で内が開くのを待ちましたが、結果的に外に出すことになってしまいました。それでも3着に来ましたから、能力はあります」