【メイクデビュー】(京都6R)~ネオアトラクションが勝利 [News]
2015/01/18(日) 15:24
京都6Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は、1番人気ネオアトラクション(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒4。1馬身1/4差の2着に5番人気タイキレガトゥスが、クビ差の3着に4番人気ナムラアンがそれぞれ入線。

ネオアトラクションは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父Montjeu、母Attraction(母の父Efisio)。

レース後のコメント
1着 ネオアトラクション(C.デムーロ騎手)
「スタートはよかったのですが、レースを教えるために馬の後ろに入れてレースをしました。直線は頭が高い面があるものの、いい瞬発力を見せてくれました。まだ体が幼い面があるので、上積みの余地は十分にありそうです」

2着 タイキレガトゥス(藤岡佑介騎手)
「前向きな面があるので、道中はカベを作って、折り合いをつけながらレースを運びました。速い上がりの中、いい反応を見せていましたし、これからが楽しみです」

3着 ナムラアン(小牧太騎手)
「調教のときから左に逃げる面がありました。ですから、今日はゲートももうひとつだったので、レースを教えるため、内に入れてレースを運びました。最後はいい脚でした。スタートからリズムよく運べればいいですね」

4着 サウンドアプローズ(武豊騎手)
「流れに乗って、いい感じでレースを運べました。最後は勝ち馬との決め手の差ですね。使ってよくなりそうです」

5着 ミスロンリーハーツ(太宰啓介騎手)
「スタートはもうひとつでしたが、道中は手応えよく運べました。結果的に動くのが少し早かったかもしれません。ただ、いいモノは持っている馬です」