【菜の花賞】(中山)~クイーンズリングが2馬身差で快勝 [News]
2015/01/17(土) 15:44
中山9Rの菜の花賞(3歳500万下、牝馬限定、芝1600m)は2番人気クイーンズリング(G・ブノワ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。2馬身差2着に1番人気マキシマムドパリ、さらに1/2馬身差で3着に10番人気アイラインが入った。

クイーンズリングは栗東・吉村圭司厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母アクアリング(母の父Anabaa)。通算成績は2戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 クイーンズリング(ブノワ騎手)
「新馬戦に続いて楽勝でした。1回使って、今日はイレ込んでいましたが、レース中は心配ありませんでした。先頭に立ってからフワフワとしていましたが、ゴーサインを出してしっかりと伸びてくれました。能力は高いと思います」

2着 マキシマムドパリ(戸崎騎手)
「1600mは忙しいかもしれません。馬はいい雰囲気でした」

12着 メイショウサワヤカ(田辺騎手)
「稽古は良かったくらいで、敏感な馬だと感じていました。口向きの悪さは聞いていましたが、何も反応がなく、進んで行きませんでした」