【シンザン記念】(京都)~グァンチャーレが重賞初V [News]
2015/01/11(日) 16:53
京都11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は、2番人気グァンチャーレ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒8。アタマ差の2着に9番人気ロードフェリーチェが、ハナ差の3着に3番人気ナヴィオンがそれぞれ入線。

グァンチャーレは栗東・北出成人厩舎の3歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母チュウオーサーヤ(母の父ディアブロ)。通算成績は6戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 グァンチャーレ(武豊騎手)
「思ったよりもゲートを出ましたし、道中もリズムよく運べました。4コーナーの手前で外へ振られましたが、直線でもう一度脚を使ってくれました。前はつかまえられると思いましたが、後ろからも来ていましたし、何とか我慢してくれという気持ちでした」

(北出成人調教師)
「まだ若いところもありますし、このあとは一息入れます。ジョッキーも1800~2000mの方が競馬はしやすいかもしれないと言っていましたし、クラシックも見据えて今後を考えようと思います」

2着 ロードフェリーチェ(四位洋文騎手)
「今日も後ろからのレースでしたが、重賞ですから馬群のすぐ後ろの位置につけました。ただ、向正面で100mぐらいハミを噛んだところがあって、直線で前をつかまえられそうな感じで届かなかったのはその分でしょう。それでも今日はこの相手で十分やれたし、これから楽しみな馬です」

3着 ナヴィオン(福永祐一騎手)
「坂の下りで加速できず、置かれてしまいました。阪神のようなコースの方がこの馬のよさを発揮できるとは思いますが、切れ味がありますし、力のあるところは見せてくれました」

4着 ダッシングブレイズ(C.デムーロ騎手)
「ゲートは普通に出ましたが、馬がいい動きになるまでに時間がかかって後ろからになりました。トップスピードに乗るまでに時間がかかるので、距離は1800mくらいあった方がいいかもしれません。能力を感じる馬です」

5着 レンイングランド(浜中俊騎手)
「今日はマイペースで行けましたし、ゴール手前までよくがんばってくれたと思います」

7着 ヤマニンマンドール(岩田康誠騎手)
「今日は動くのが少し早かったかもしれません。力のある馬ですし、流れが向けばチャンスはあると思います」