【ポルックスS】(中山)~イッシンドウタイがゴール前で抜け出す [News]
2015/01/11(日) 16:33
中山11Rのポルックスステークス(4歳以上オープン・ダート1800m)は、7番人気イッシンドウタイ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒7。1馬身1/4差の2着に1番人気ランウェイワルツが、ハナ差の3着に3番人気フィールザスマートがそれぞれ入線。

イッシンドウタイは美浦・伊藤圭三厩舎の6歳牡馬で、父スズカマンボ、母ラストヒット(母の父スラヴィック)。通算成績は44戦10勝となった。

レース後のコメント
1着 イッシンドウタイ(横山典弘騎手)
「以前に乗ったときと変わらず、この馬の力を出してくれました」

(伊藤圭三調教師)
「この時期の中山は走りますね。今日はジョッキーがうまく乗ってくれました。流れにも乗ってくれたと思います」

2着 ランウェイワルツ(内田博幸騎手)
「横山騎手の後ろで我慢させようと思いましたが、自分の競馬をさせました。コーナーをロスなく回って、前にカベができて脚をなくすのも嫌でしたから、4コーナーでは無理をしてでも外を回しました。横山騎手と一緒に上がって行きましたが、向こうの方がうまく乗っていました。この馬も力を出していると思います」

3着 フィールザスマート(田中勝春騎手)
「前走も走っていますが、今日も力は出しています。流れが向いて、よしよしと思ったのですが......」

4着 グランプリブラッド(松岡正海騎手)
「前走があまりにも負けていました。乗りやすいですし、このようなレースが続けてできればいいと思います」

9着 トウシンイーグル(勝浦正樹騎手)
「勝ったときはいい脚を使ってくれますが、今日は一度もハミをとりませんでした」