【万葉S】(京都)~ステラウインドがイン強襲でV [News]
2015/01/05(月) 16:49
京都11Rの万葉ステークス(4歳以上オープン・芝3000m)は、3番人気ステラウインド(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分08秒5。アタマ差の2着に6番人気シャンパーニュが、クビ差の3着に4番人気ニューダイナスティがそれぞれ入線。

ステラウインドは美浦・尾関知人厩舎の6歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母ビーウインド(母の父スピニングワールド)。通算成績は21戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 ステラウインド(武豊騎手)
「手応えはよく、うまく脚もたまりました。距離は決して向いてはいませんが、状態のよさを生かして終いまでがんばってくれました」

2着 シャンパーニュ(小崎綾也騎手)
「逃げ馬を行かせて、2番手からのレース。道中はうまく脚もたまって、この馬の持ち味であるパワーと粘りを十分に発揮してくれました。ただ、逃げ馬が思ったより早めに減速したことで、勝ち馬に内をすくわれました」

4着 ショウナンラグーン(吉田豊騎手)
「うまくもぐり込んで、脚を使ってくれました。力をつけています。何とか大きい舞台でがんばってもらいたい馬ですからね」

5着 スノードン(松山弘平騎手)
「前残りになりそうだったので、ある程度の位置でレースを運びました。4コーナーでも手応えよく、一瞬脚を使ってくれましたが、最後甘くなって差し返されました」