【寒竹賞】(中山)~タケルラムセスが差し切り、デビュー2連勝 [News]
2015/01/05(月) 15:59
中山9Rの寒竹賞(3歳500万下・芝2000m)は、6番人気タケルラムセス(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒6。半馬身差の2着に4番人気ジャズファンクが、2馬身差の3着に2番人気グランカマラードがそれぞれ入線。

タケルラムセスは美浦・田村康仁厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ヒシピナクル(母の父Theatrical)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 タケルラムセス(田村康仁調教師)
「デビュー戦を差し切って勝ったときに、時計が遅かったのでどうかなと思っていました。ホープフルSかここか迷いましたが、ここ1、2週の調教の動きがよく、ジョッキーと話した上でここに決めました。2000mでも追っつけるぐらいだったので、距離は2400mぐらいがいいと思います。丈夫な馬ですが、まだ幼くて体ができていません。それでも勝ってしまうのですから、自信になります。今後はオーナーと相談して、春先を見据えていいところに持っていける練習をしていきたいです」

3着 グランカマラード(戸崎圭太騎手)
「速い脚というよりは、パワー型でジリジリと渋太さを生かす感じです。もっとペースを上げていけばよかったです」

4着 デバイスドライバー(田中勝春騎手)
「バテてはいません。しかし、動きたいところで上がって行けませんでした」

5着 ブライトバローズ(F.ベリー騎手)
「スタートは出てくれましたが、二の脚が遅かったです。道中はハミを噛んだり外したりして、楽しそうに走っていませんでした。自分から引っ張っていく感じがありません。直線では隙間を狙っていきましたが、狭くて追い切れませんでした」

6着 ニシノオタケビ(田辺裕信騎手)
「1コーナーでリズムを崩しました。あとは何も問題ありません。好位をとりたかったのですが、今の中山は前残りになりにくいので、自分の競馬に持ち込みにくかったです」

7着 サブライムカイザー(後藤浩輝騎手)
「後ろからまくられて、緩急がついてしまいました。平均的に流れていれば、この馬の持ち味を生かせたと思います」