【福寿草特別】(京都)~バイガエシが追い比べ制す [News]
2015/01/04(日) 15:49
京都9Rの福寿草特別(3歳500万下、芝2000m)は2番人気バイガエシ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒2(良)。1馬身差2着に4番人気レントラー、さらに3馬身差で3着に3番人気ロードユアソングが入った。

バイガエシは栗東・作田誠二厩舎の3歳牡馬で、父ジャングルポケット、母ナイストップクイン(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は4戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 バイガエシ(藤岡佑騎手)
「いい競馬をしてくれました。休み明けを1回使って状態は上向きでした。今日は自分で動いて行って、普通なら差される展開で相手をねじ伏せたのですから、内容のあるレースだったと思います」

2着 レントラー(幸騎手)
「ゲート内でバタバタしていて立ち遅れる形になりました。ただ、負けはしましたが、今日のような形のレースが出来たのは収穫です。終いはいい脚を使ってくれました」

3着 ロードユアソング(武豊騎手)
「ストライドが大きく、兄のダノンバラードに似た走りをしています。まだ全体に緩く、気持ちの面もフワフワしています。素質を感じる馬ですし、これから楽しみです」

4着 アドマイヤガスト(福永騎手)
「馬は良くなっていました。スパッと切れる脚がないので、ペースが上がったところで少し置かれる形になりましたが、このくらいの距離は合っていますし、今後は楽しみです」

5着 グリュイエール(岩田騎手)
「口を割って行ってしまいました。なかなか息が入らず苦しいレースになってしまいました」