【朝日杯FS】(阪神)~関東馬ダノンプラチナが3連勝でGI初制覇 [News]
2014/12/21(日) 17:05
阪神11Rの朝日杯フューチュリティステークス(2歳GI・芝1600m)は、1番人気ダノンプラチナ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9。3/4馬身差の2着に14番人気アルマワイオリが、3/4馬身差の3着に3番人気クラリティスカイがそれぞれ入線。

ダノンプラチナは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母バディーラ(母の父Unbridled's Song)。通算成績は4戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ダノンプラチナ(蛯名正義騎手)
「綺麗なフットワークの馬ですし、馬場のいいところを走らせようと思い、意識的にスタートで前へ出して行きませんでした。道中は有力馬を前に見ながら、手応えよく追い出しのタイミングを計るような感じでした。直線はいい伸びでした。テンションが上がりすぎることなく、調教でコントロールしやすく作ってもらっていました。今後はまだわからない部分も多いですが、来年を楽しみにしたいと思います」

2着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「道中ペースが緩んだところで少し力むところはありましたが、直線はよく伸びて力を見せてくれました。ここを目標に仕上げてもらって、一戦ごとに馬がよくなっていました。2着は悔しいですが、この馬の力は見せられたと思います」

3着 クラリティスカイ(岩田康誠騎手)
「今日のような馬場ですし、どこを走らせればいいのかレース前に考えていました。レースではしっかり走らせることができました。直線では少しダラダラした感じの伸びになりましたが、今後は距離が延びても大丈夫だと思います」

4着 ネオルミエール(柴山雄一騎手)
「奇数枠だったのでゲート内で待たされたこともあり、スタートで遅れて位置取りが後ろになってしまいました。馬場の悪いところを走らされたのに直線は伸びていますし、決して力負けではないと思います」

6着 タガノエスプレッソ(菱田裕二騎手)
「3コーナーから内の馬にぶつけられてリズムを崩してしまいました。それでも最後まで我慢していますし、以前に比べて力をつけている感じがします」

7着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手)
「1600mの少し速い流れで、脚を溜めるところがありませんでした。勝ちに行く競馬はできましたが、来年に向けていろいろ課題が見つかったレースだと思います」