【メイクデビュー】(中山5~6R)~ジャストザヨコハマ、クイーンズリングが勝利 [News]
2014/12/21(日) 15:06
中山5Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は、3番人気ジャストザヨコハマ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒0。3馬身差の2着に9番人気ゼノが、1馬身差の3着に5番人気フロッケがそれぞれ入線。

ジャストザヨコハマは栗東・牧浦充徳厩舎の2歳牡馬で、父プリサイスエンド、母カクテル(母の父Most Welcome)。

レース後のコメント
1着 ジャストザヨコハマ(丸山元気騎手)
「馬ごみに入って砂を被ったときにどうかと思いますが、いいスピードでした。今日は能力だけで勝ってくれた感じです。芝のスタートも悪くありませんでした」

(牧浦充徳調教師)
「まだフラフラしながら走っています。条件的に合うと思うので、今後もダートの1200mを使っていこうかと思います」

2着 ゼノ(木幡初也騎手)
「スムーズに行けたのがいちばんです。ゆったりと走る馬で、レース半ばぐらいになってからエンジンがかって走り出す感じです。もっと長い距離の方がいいと思いますが、この距離でも走れます」

3着 フロッケ(田中勝春騎手)
「使ってよくなるのではないでしょうか」

4着 シルバージェニー(内田博幸騎手)
「ゲートは出ないと聞いていたので気をつけていましたが、重心が後ろになってしまい、出ませんでした。馬場も乾いた方がいいと思います」

6着 ジルコン(石川裕紀人騎手)
「がんばっています。攻め馬では非力な感じが残っていましたが、最後までしっかりと伸びてくれました」


中山6Rのメイクデビュー中山(芝1800m)は、3番人気クイーンズリング(G.ブノワ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒5。2馬身半差の2着に1番人気クインズラピスが、4馬身差の3着に5番人気グリーンゼファーがそれぞれ入線。

クイーンズリングは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母アクアリング(母の父Anabaa)。

レース後のコメント
1着 クイーンズリング(G.ブノワ騎手)
「スローペースなので、思い切って先行しました。後ろから馬が来ると、素晴らしい反応で伸びてくれました。素晴らしい馬です」

2着 クインズラピス(内田博幸騎手)
「もう少し前へ行けばよかったかもしれません。前をとらえられるかと思ったのですが......」

3着 グリーンゼファー(大野拓弥騎手)
「直線に入って、徐々にエンジンがかかっていき、最後の最後にしっかりとした脚を使ってくれました」

4着 ディープフォレスト(三浦皇成騎手)
「まだ緩さもありますし、これからだと思いますが、センスのある馬です」

5着 レッドアイヴァー(田中勝春騎手)
「今日は終いを生かす競馬をしました。このスローペースでシュッとした脚を使っていますし、いい反応でした」