【阪神JF】(阪神)~ショウナンアデラが3連勝でGI初制覇 [News]
2014/12/14(日) 17:25
阪神11Rの阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GI・牝馬・芝1600m)は、5番人気ショウナンアデラ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒4。半馬身差の2着に2番人気レッツゴードンキが、半馬身差の3着に4番人気ココロノアイがそれぞれ入線。

ショウナンアデラは美浦・二ノ宮敬厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母オールウェイズウィリング(母の父Elusive Quality)。通算成績は4戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ショウナンアデラ 蛯名正義騎手
「スタートはあまりよくありませんでしたが、切り替えてジッとしていました。一度は控える競馬をしてみたいと思っていましたし、最後は本当にいい脚でした。新しい面を見せてくれましたし、収穫も大きかったですね。はじめて馬群に入って少しモタつきましたが、2着馬が前にいたのでうまくついて上がって行けました。直線で外に出したときには間に合うかな、と思いました。来年もいい競馬ができるようにまたがんばりたいです」

3着 ココロノアイ 尾関知人調教師
「先を考えれば、次へつながる競馬ができたと思います。馬の雰囲気もよかったですし、輸送もクリアしてくれました。来年いい勝負ができるように、またがんばります」

6着 スマートプラネット 酒井学騎手
「自分の形でレースができました。道中のリズムがよかったし、よくがんばっています」

7着 レオパルディナ 武豊騎手
「テンションは高かったのですが、折り合いはつきました。その分、終いまで伸びていました。ベストの距離ではありませんが、がんばっています」

8着 ロカ 和田竜二騎手
「ゲートをくぐったときにゲートを切られてしまいました。キャリアの浅さが出てしまいました」

9着 オーミアリス 国分優作騎手
「勝った馬を見ながらの競馬でしたが、ちょっと向正面で不利がありました。そのときなのかはわかりませんが、落鉄してしまいました。その影響で直線も反応せず、終いも止まりました。距離も坂も初めてでしたが、それが敗因とは思えません」

16着 エフェクト 藤岡佑介騎手
「距離が長いことはわかっていたので、折り合いに気をつけましたが、ペースが落ち着いたときに行きたがってしまい、コントロールがきかなくなってしまいました」

17着 トーセンラーク 四位洋文騎手
「デキはよさそうでした。しかし、不利がこたえました。GIなので激しくなるのは仕方ありません」