【メイクデビュー】(阪神4~5R)~クイーンズターフ、ナガラフラワーが勝利 [News]
2014/12/14(日) 15:38
阪神4Rのメイクデビュー阪神(牝馬・ダート1400m)は、1番人気クイーンズターフ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒7。クビ差の2着に2番人気トーホウレゼルヴが、3馬身差の3着に3番人気グラッブユアコートがそれぞれ入線。

クイーンズターフは栗東・須貝尚介厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母フラッテローザ(母の父ブライアンズタイム)。

レース後のコメント
1着 クイーンズターフ 横山典弘騎手
「よく勝ってくれました」

須貝尚介調教師のコメント
「人の言うことをよく聞く、乗りやすい馬です。いい度胸があります。左前を落鉄しながらもこの脚ですからね。能力を感じます。まだまだ成長途上の馬ですから、春に向けて順調に成長してもらいたいですね」

2着 トーホウレゼルヴ 浜中俊騎手
「馬は落ち着いていました。負けはしましたが、3着馬は振り切ってくれましたからね。よく走っていると思います。ただ、物見が激しいですね。場慣れした次は上積みがありそうです」

4着 ソウルヴァルキリー 太宰啓介騎手
「前半はついていけませんでしたが、直線はすごい脚を使ってくれました。体に余裕がありますので、使われた上積みはかなりありそうです」


阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1800m)は、8番人気ナガラフラワー(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8。1馬身3/4差の2着に4番人気サウンドバーニングが、1馬身1/4差の3着に10番人気シビックハートがそれぞれ入線。

ナガラフラワーは栗東・高橋亮厩舎の2歳牝馬で、父ダンスインザダーク、母ガリカローズ(母の父ロックオブジブラルタル)。

レース後のコメント
1着 ナガラフラワー 藤岡佑介騎手
「元気のいい感じの馬ですが、レースに行ったら真面目に走ってくれました。これでもう一段変わってくれればと思います」

2着 サウンドバーニング 幸英明騎手
「4コーナーでは手綱を持ったままで、後ろの馬が来たら追い出そうと思っていました。勝ち馬には一気に来られてしまいましたね。早めに自分から動いていけば何とかなったかもしれません。初戦から強い競馬をしてくれました」

3着 シビックハート 高倉稜騎手
「調教ではまだ非力な感じでしたが、返し馬では馬場がよかったので走りやすそうな感じでした。レースではなかなかハミをとりませんでしたが、前の馬が飛ばした分、この馬は脚がたまった形になりました。初戦としては上々のレースでした」

4着 ユキヒョウ 国分優作騎手
「使いながらよくなっていくタイプだと思っていましたが、初戦からそれなりに動いてくれました。まだまだよくなりそうです」

5着 ビヴロスト 浜中俊騎手
「今日はまだ初めてのレースだったので、テンションが上がりすぎることはありませんでした。レースでは他の馬を気にしながら走っていました。1回使われてテンションが上がらなければいいと思います」