トゥザグローリー引退、種牡馬に [News]
2014/12/11(木) 18:07
 2012年の日経新春杯(GII)などを制したトゥザグローリー(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、今日(2014年12月11日)付けで競走馬登録を抹消した。
 トゥザグローリーは、北海道浦河郡浦河町のイーストスタッドで種牡馬となる予定。

※重賞勝鞍 2010年 中日新聞杯(GIII)
       2011年 京都記念(GII)
           日経賞(GII)
       2012年 日経新春杯(GII)
           鳴尾記念(GIII)

 JRA通算成績 33戦8勝 獲得賞金4億6478万4000円(付加賞含む)

(JRAの発表による)

 トゥザグローリーは、2010年3月の遅いデビューから2連勝を果たした。その年の秋には果敢に古馬に挑戦し、オープン特別や重賞を制覇する。2011年には京都記念、日経賞と連勝し、春の天皇賞では1番人気に推されるまでになった。その後も芝の中・長距離路線で活躍し、ついにGIのタイトルには手が届かなかったが、重賞を5勝した。先週の金鯱賞での16着が最後のレースとなった。