5月20日(月)「はまなす賞(盛岡)はハカタドンタクが人気に応え重賞連覇」ほか [全国競馬情報]
2013/05/20(月) 17:37
●●はまなす賞(盛岡)はハカタドンタクが人気に応え重賞連覇●●

・19日(日)に盛岡競馬場で行われた3歳馬の重賞・チャグチャグ馬コ杯第18回はまなす賞(第9レース・芝1600m・12頭立て)は、1番人気のハカタドンタク(山本政聡騎手)が3番手から抜け出し、クビ差とらえて勝利。勝ちタイムは1分38秒8だった。2着に4番人気のコウギョウデジタル、さらにクビ差の3着が2番人気のオールマイウェイだった。
 勝ったハカタドンタクは、父フレンチデピュティ、母トリックアート(その父ダンスインザダーク)という血統の牡3歳栗毛馬。岩手・板垣吉則厩舎の所属。通算成績は16戦5勝、前走のやまびこ賞に続いて重賞連覇となった。


●●新設の阿蘇山賞(佐賀)は10歳馬メイホウホップが重賞4勝目●●

・18日(土)に佐賀競馬場で行われた第1回阿蘇山賞(第9レース・1750m・8頭立て)は、6番人気のメイホウホップ(鮫島克也騎手)が道中3番手から、ゴール前差し切っての優勝となった。勝ちタイムは1分56秒1。クビ差の2着が8番人気唯一の牝馬エーシンパナギアで、1番人気のデュナメスは3着に敗れた。上位4頭はそれぞれクビ差の大接戦となった。
 勝ったメイホウホップは、父エイシンサンディ、母メイホウクイン(その父キャロルハウス)という血統の牡10歳鹿毛馬。佐賀・大島静夫厩舎の所属。通算成績は98戦21勝で、重賞は4勝目となった。


●●服部茂史騎手(ホッカイドウ)、地方競馬通算1200勝達成●●

 16日(木)の門別競馬4レースでダマスクインゴットが勝ち、騎乗していた服部茂史騎手(ホッカイドウ・田中淳司厩舎)が地方競馬通算1200勝を達成した。
 服部騎手は1976年生まれの37歳。1994年10月8日に中津競馬1レースでデビューし、初勝利は同日中津競馬6レースでニューリヴァーに騎乗して達成。11300戦目での1200勝達成となり、ホッカイドウ競馬では史上12人目、現役では7人目の記録。

(ホッカイドウ競馬のリリースによる)


●●16日の門別競馬10レース以降が濃霧のため中止に●●

16日の門別競馬は、濃霧のため10レース以降が取り止めとなった。
これにより、11レースに予定されていたHBC杯第13回エトワール賞は、23日に延期される。16日の出走予定馬による再投票でレースが行われる。

(ホッカイドウ競馬のリリースによる)


●●JRAとの交流レースの結果●●

・20日(月)に盛岡競馬場で行われたJRA交流フレンドリートロフィー・アメジスト賞(第7レース・1600m・12頭立て)は、5番人気JRAのキョウワカイザー(関本淳騎手)が逃げ切って、初勝利をおさめた。勝ちタイムは1分43秒0。クロフネ産駒のキョウワカイザーは、通算成績を4戦1勝とした。

・20日(月)に盛岡競馬場で行われたJRA交流フレンドリーカップ・アンタレス賞(第9レース・芝1700m・12頭立て)は、4番人気のJRAエーブポセイドーン(大野拓弥騎手)が逃げ切り勝ち。勝ちタイムは1分46秒1だった。通算成績は30戦2勝となった。


●●JRAのレースに出走した地方所属馬の成績●●

・18日(土)
<東京>第9レース・カーネーションカップ(3歳牝馬500万円以下・芝1800m・18頭立て)
 メロディアス(船橋)17着
 シルバーストリーク(船橋)18着