【シクラメン賞】(阪神)~良血ポルトドートウィユが2勝目 [News]
2014/12/07(日) 16:37
阪神9Rのシクラメン賞(2歳500万下、芝1800m)は2番人気ポルトドートウィユ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒9(良)。1馬身1/4差2着に4番人気アルバートドック、さらに4馬身差で3着に6番人気オルロフが入った。

ポルトドートウィユは栗東・高野友和厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ポルトフィーノ(母の父クロフネ)。通算成績は4戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ポルトドートウィユ(福永騎手)
「今日は頭数も少なかったので、出たなりの位置から終いを伸ばそうというイメージでのレースでした。このメンバー相手に勝てたことは大きいですね。以前よりしっかりしていますが、まだ上積みがありそうです」

2着 アルバートドック(藤岡康騎手)
「スムースなスタートからいい位置を取って、最後もしっかり脚を使っています。ただ、苦しくなると内にササる面を見せていました。それさえなければもっと走れたと思います」

4着 グランカマラード(藤岡佑騎手)
「今日はテンションも高く、ゲートもスムースにはいきませんでした。本来なら先行して粘り込むレースをしたかったのですが...。最後は内にモタれながらも差を詰めているように、地力はあります。気性面がもう少し...というところです」

5着 プリメラアスール(和田騎手)
「今日はイレ込みがきつく、落ち着かせたいので返し馬もほとんどしなかったのですが、ゲート裏でもうるさい面を見せていました。馬がいいだけにその点が残念です」

6着 レトロロック(浜中騎手)
「スローペースで前半からエキサイトしていました。他馬の後ろで何とか我慢させましたが、あれだけ行きたがっていてはね。若さが前面に出たレースでした」