【メイクデビュー】(阪神5R、6R)~ノーブルリーズン、ジルダが勝利 [News]
2014/12/07(日) 15:18
阪神5Rのメイクデビュー阪神(2歳新馬、芝1600m)は8番人気ノーブルリーズン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒1(良)。3馬身差2着に6番人気ノミネーション、さらに1/2馬身差で3着に1番人気パラダイスリッジが入った。

ノーブルリーズンは栗東・佐々木晶厩舎の2歳牝馬で、父ネオユニヴァース、母カメリアローズ(母の父ホワイトマズル)。

~レース後のコメント~
1着 ノーブルリーズン(浜中騎手)
「手先が軽いので芝の方がいいと思っていましたし、競馬で切れましたね。外へ逃げたり、まだ幼いところがありますが、いい脚を使ってくれました」

(佐々木晶三調教師)
「切れましたね。坂路では時計が出ていなかったのですが、実戦タイプなのでしょう。今後はこれから考えます」

3着 パラダイスリッジ(内田博騎手)
「折り合いはつきましたし、直線に向いたところでも十分手応えはありましたが、直線で行くところ行くところで前が閉まってしまいました」


阪神6Rのメイクデビュー阪神(2歳新馬、牝馬限定、芝1400m)は5番人気ジルダ(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(良)。1/2馬身差2着に1番人気ミッキークイーン、さらに3/4馬身差で3着に2番人気アンドリエッテが入った。

ジルダは栗東・友道康夫厩舎の2歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母エアデジャヴー(母の父ノーザンテースト)。

~レース後のコメント~
1着 ジルダ(四位騎手)
「放馬した馬に影響を受けて立ち上がったりして、レース前に他の馬を怖がっていましたから、なるべく揉まれないように先行させました。いいペースで行けましたし、最後までよく我慢して伸びてくれました。小さな馬なので、もう少し体が大きくなってくれるといいですね」

2着 ミッキークイーン(浜中騎手)
「気性のとてもいい馬なので、1400mは忙しいと思っていました。案の定、スタートもゆっくりでしたし、道中もどうしていいのか分からない感じで走っていました。正味競馬をしたのは直線だけ。こんな気性ですから距離が延びた方がいいでしょうし、今後、楽しみな馬です」

4着 ケンブリッジデイズ(太宰騎手)
「いいスピードを持っていますし、センスを感じる馬です。今後、期待したいですね」

5着 アルマアネラ(藤岡佑騎手)
「前半はハミを取ったり取らなかったりという感じでしたが、あとはスムースな走りでいい伸びでした。とても軽い走りをする馬です。もう少し体が大きくなってくれるといいですね」

7着 スーパールミナル(松若騎手)
「スタートで挟まれる感じになって後方からのレースになりました。道中は折り合いもついて、直線はいい脚を使いました。芝のこのくらいの距離は合っていると思います」