【メイクデビュー】(中山4~5R)~ホワイトフーガ、ゴールドシャンティが勝利 [News]
2014/12/06(土) 15:12
中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は、1番人気ホワイトフーガ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒6。7馬身差の2着に9番人気ラブオーディーンが、5馬身差の3着に4番人気ピースワンポイントがそれぞれ入線。

ホワイトフーガは美浦・高木登厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母マリーンウィナー(母の父フジキセキ)。

レース後のコメント
1着 ホワイトフーガ 大野拓弥騎手
「スタートが速く、マイペースで行けました。攻め馬からいいフットワークでしたし、これが実戦に出たのだと思います。パワータイプの馬なので、冬場のダートは合います」

3着 ピースワンポイント 三浦皇成騎手
「馬はがんばっています。距離は1800~2000mぐらいでしょう」

5着 コパノチャーリー 田辺裕信騎手
「性格はおとなしくて最高ですが、まだ動けていません。調教でも追われてやっと時計を出すぐらいで、競馬でも追われた分しか行かず、タメがききません。身のこなしに余裕が出ればいいですね」

6着 トミケンチャダル 石川裕紀人騎手
「ハミをとったり、とらなかったりしていました。使うごとによくなれば、しっかりと走ってくれるでしょう」

8着 リザーヴド 後藤浩輝騎手
「(枠入り不良やスタートの出遅れについて)攻め馬の感じからこうなるだろうとわかっていましたが......。徐々にという感じです」

10着 マイネルシュプレム 柴田大知騎手
「もう少しうまくゲートを出て、ついて行ければよかったです」


中山5Rのメイクデビュー中山(芝1200m)は、6番人気ゴールドシャンティ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0。3/4馬身差の2着に7番人気デルマチョウスケが、半馬身差の3着に3番人気ブロッサムヒルがそれぞれ入線。

ゴールドシャンティは美浦・和田雄二厩舎の2歳牝馬で、父アドマイヤムーン、母ベラミロード(母の父アレミロード)。

レース後のコメント
1着 ゴールドシャンティ 大野拓弥騎手
「まだ非力なところはありますが、その中でも切れました。さらに体が大きくなって、成長して欲しいです。距離は短いところがいいと思います」

2着 デルマチョウスケ 丸田恭介騎手
「稽古通りに走ってくれましたが、まだ性格的に幼さが残っています。大きな影に驚いていました。ハミが抜けるところがあるので早めに仕掛けましたが、しっかり反応しています。ただ、マークされた分、厳しい形になりました。終いはよく走っていますし、内容は悪くありません」

4着 クラウンテイラー 柴田善臣騎手
「上手に競馬をしてくれました」