【ベゴニア賞】(東京)~ダノンプラチナが3馬身差で快勝 [News]
2014/11/30(日) 16:39
東京7Rのベゴニア賞(2歳500万下、芝1600m)は1番人気ダノンプラチナ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。3馬身差2着に2番人気ミッキーユニバース、さらに3/4馬身差で3着に4番人気ニシノクラッチが入った。

ダノンプラチナは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母バディーラ(母の父Unbridled's Song)。通算成績は3戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ダノンプラチナ(蛯名騎手)
「課題はテンションの高さ。もっと落ち着きが出てくれば引き出しが多くなると思います。これから使いながら落ち着きが出てくるといいですね。今日のレースはいい内容でした」

2着 ミッキーユニバース(北村宏騎手)
「勝ち馬は着差以上に手応えが楽でしたね。もう少し気持ちが抜けて走れると、同じペースでもひと踏ん張り出来ると思います」

3着 ニシノクラッチ(田辺騎手)
「よく走っています。スタートも出ましたし、レースも流れてくれて、いつもは捌くのに苦労していましたが、今日は直線もよく伸びています。脚も使っていますが、勝ち馬が強かったです」

4着 シンキングロージス(武豊騎手)
「内々でいいレースが出来ました。最後までジワジワ伸びていますし、このクラスでもやれそうです」