【メイクデビュー】(京都5R、6R)~エトランドル、アルマオンディーナが勝利 [News]
2014/11/30(日) 15:27
京都5Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、芝1800m)は1番人気エトランドル(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒1(稍重)。1馬身1/4差2着に2番人気スマートガイア、さらに1馬身1/4差で3着に3番人気マキシマムドパリが入った。

エトランドルは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母シェリール(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 エトランドル(内田博騎手)
「ゲートの出がそれほど速くなかったのですが、慌てずじっくり行きました。どこから仕掛けようかと思いましたが、追ってから反応良く伸びてくれました。大型馬ですし、まだまだこれから良くなってくるでしょう」

2着 スマートガイア(池添騎手)
「初戦ということもあったのか、ちょっとハミを取るところがなかったですね。ただ、直線もしぶとく伸びていますし、いい馬です」

3着 マキシマムドパリ(藤岡康騎手)
「少し周りを気にしていたのですが、直線もよく伸びていました。レースに慣れてくればさらにやれるでしょう」


京都6Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、芝1400m)は2番人気アルマオンディーナ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒2(稍重)。1馬身1/2差2着に4番人気シャンデリアハウス、さらに3/4馬身差で3着に6番人気ショウナンマキシムが入った。

アルマオンディーナは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母ナイストレビアン(母の父ノーザンテースト)。

~レース後のコメント~
1着 アルマオンディーナ(幸騎手)
「ポンとゲートを出て、逃げる馬を見ながらマイペースで進めました。道中はいいリズムで、直線は追い出しを待つ余裕がありました。能力も高く、折り合いもつくので、距離は延びても大丈夫でしょう」

2着 シャンデリアハウス(ビュイック騎手)
「まだ体が華奢ですが、芝の走りはいいですね。1400mも合っていたと思いますし、パンパンの良ならさらに良かったと思います。フットワークなどからも将来性がありそうです」

3着 ショウナンマキシム(小崎騎手)
「タメるレースをしようと思っていましたが、思いの外、ゲートが速かったですね。好位からほぼ理想通りのレースになりました。悪いところを通った割によく伸びたので、良ならもっとやれそうです」

4着 ジューンブラジリエ(和田騎手)
「手応えは突き放すくらいだったのですが、追い出すと外に張る面を見せてしまいました。ただ、馬は良くなる途上なので、次が楽しみです。思った以上にレースがうまいです」

5着 トワイライトキッス(小牧騎手)
「普段はうるさいこの馬が今日は大人しく、スタートが出ませんでした。気持ちが出てくればこんなことはありません」