【駿風S】(新潟)~ビラゴーティアラがゴール前で抜け出す [News]
2013/05/19(日) 16:30
新潟11Rの駿風ステークス(4歳以上1600万下・芝1000m)は、4番人気ビラゴーティアラ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは55秒1。1馬身差の2着に1番人気レオパステルが、半馬身差の3着に6番人気ヤマニンパピオネがそれぞれ入線。

ビラゴーティアラは美浦・松山将樹厩舎の6歳牝馬で、父スターオブコジーン、母ブルーファイブ(母の父シンコウキング)。通算成績は25戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 ビラゴーティアラ 吉田隼人騎手
「流れが速くて、この馬に向きました。道中はジッとして、抜け出すタイミングだけはかっていました。斤量が軽かったというのもありますが、最後は切れました。強かったです」

2着 レオパステル 黛弘人騎手
「いい枠で、馬もがんばってくれましたが、切れのある馬にやられました。それでも惜しい2着で、今後も楽しみです」

3着 ヤマニンパピオネ 柴山雄一騎手
「レオパステルに早めに来られて、動かざるをえなくなりました。でも、バッタリ止まっているわけではありませんし、馬もよくなっています」