【ラジオNIKKEI杯京都2歳S】(京都)~ベルラップが連勝で重賞初V [News]
2014/11/29(土) 16:42
京都11RのラジオNIKKEI杯京都2歳S(2歳GIII・芝2000m)は、6番人気ベルラップ(W.ビュイック騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒8。クビ差の2着に2番人気ダノンメジャーが、クビ差の3着に5番人気シュヴァルグランがそれぞれ入線。

ベルラップは栗東・須貝尚介厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母ベルスリーブ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は5戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ベルラップ W.ビュイック騎手
「スローペースでしたし、京都の内回りを考えて、積極的に位置を取りにいきました。そして、この馬の持てる力を発揮させることができたのがよかったです。直線の伸び脚も素晴らしく、来年の活躍が楽しみです」

2着 ダノンメジャー 小牧太騎手
「ゲートの中でソワソワしていて、出遅れ気味のスタートでした。道中はハミを少し噛んでいましたが、よく辛抱しています」

3着 シュヴァルグラン 内田博幸騎手
「ムキになるところがあり、まだ3戦目ということで道中は位置を取りにいきませんでした。直線ではいい脚を使ってくれましたし、楽しみがひろがりました」

4着 フローレスダンサー 川田将雅騎手
「勝ち馬が内へ外へ流れてきたので、進路を切り替えながらになってしまいました」

5着 アイオシルケン 和田竜二騎手
「上がりに限界があるタイプですから、ペースに合わせるよりはと思って行きました。道中はフワフワしてハミを取らなかったのですが、そのぶん最後に脚が残せたのでしょう。力をつけていますし、自己条件なら楽しみです」

6着 エイシンライダー P.ブドー騎手
「道中プレッシャーを受けながらの追走で、馬が萎縮してしまいました。ですから、直線では余力がありませんでした。距離は長いとは思いません」

7着 ティルナノーグ 武豊騎手
「今日はまったく走っていませんから、敗因は道悪ぐらいしか考えられません」