【昇竜S】(京都)~クリソライトが人気に応えて3勝目 [News]
2013/05/19(日) 16:04
京都10Rの昇竜ステークス(3歳オープン・ダート1800m)は、1番人気クリソライト(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒6。半馬身差の2着に3番人気エーシンゴールドが、4馬身差の3着に4番人気マイネルクロップがそれぞれ入線。

クリソライトは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)。通算成績は8戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 クリソライト 北村友一騎手
「今日は折り合いに専念することを第一に考え、中団からのレースになりました。力がありますから、勝負どころは楽に上がって行けました。ただ、直線は気を抜く面を見せていました。このことが、もっと突き放すことができなかった要因のひとつだと思います。まだまだよくなる途中です」

2着 エーシンゴールド 川田将雅騎手
「スムーズなレースで、4コーナーは抜群の手応えで直線をむかえました。ただ、抜け出した途端に自分からやめてしまいました。勝ち馬に交わされたら、またすぐ走る気になって伸びているだけに悔しいですね」

3着 マイネルクロップ 柴田大知騎手
「この前はあまりダッシュがつかなかったのですが、今回はある程度いけました。上手にレースをしていると思います。理想は外枠ですね。力もありますし、いい馬ですよ」

4着 クリノヒマラヤオー 村田一誠騎手
「スピードよりもしぶとさを生かすタイプ。オープンでみんなスピードのある中でよくがんばっています。ダートで戦っていけば持ち味が生きてくると思います。まだまだよくなりますよ」

5着 カリスマサンタイム 国分優作騎手
「もともとダート実績はあります。最後まで止まらず伸びています。以前ほど内にモタれる面は気になりませんでした」