【メイクデビュー】(京都5~6R)~コンテッサトゥーレ、マルカウォーレンが勝利 [News]
2014/11/24(月) 15:19
京都5Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1400m)は、1番人気コンテッサトゥーレ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒3。2馬身半差の2着に9番人気ピアレスピンクが、ハナ差の3着に5番人気ランウェイがそれぞれ入線。

コンテッサトゥーレは栗東・安田隆行厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母エアトゥーレ(母の父トニービン)。

レース後のコメント
1着 コンテッサトゥーレ C.ルメール騎手
「スタートはもうひとつでしたが、いいスピードでいいポジションをとることができました。道中も楽な手応えで、ゴーサインを出してからの反応もよかったです。あと1ハロンの延長は大丈夫だと思います」

2着 ピアレスピンク 和田竜二騎手
「本馬場ではいいキャンターを見せていました。攻めより実戦タイプですね。ひどくはありませんが、右にモタれたり、左にモタれたりと子どもっぽい面があります。そのあたりが改善してくればいいですね。現時点では1400mがベストだと思います」

3着 ランウェイ M.バルザローナ騎手
「ゲートでワンテンポ遅れましたが、無理に押して出さずにレースをしました。他馬を気にして外々に張るような面がありましたが、能力のあるところは見せてくれました」

14着 スズカマドンナ 秋山真一郎騎手
「調教ではスピードのありそうなイメージでしたが、今日は流れに乗れませんでした。もう少し距離があった方がいいかもしれません」


京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は、1番人気マルカウォーレン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒8。3馬身差の2着に8番人気キングコーストが、6馬身差の3着に3番人気ストームアラートがそれぞれ入線。

マルカウォーレンは栗東・今野貞一厩舎の2歳牡馬で、父マルカシェンク、母マイワイルドローズ(母の父Wild Again)。

レース後のコメント
1着 マルカウォーレン C.ルメール騎手
「最初に砂を被ってビックリして頭を上げましたが、すぐに慣れました。外からスッと反応よく上がって行けましたし、最後まで気を抜かずに走ってくれました。距離が延びても大丈夫でしょう」

今野貞一調教師のコメント
「今後を考えれば、馬ごみの中でいい経験ができたと思います。まだまだこれからの馬ですし、じっくりと使っていきたいですね。次は様子を見て決めます」

3着 ストームアラート 川須栄彦騎手
「前半で砂を被って嫌がりましたが、途中から慣れてくれました。使った上積みは大きいと思います」

4着 ブリヤン 藤岡佑介騎手
「切れる感じではないので、手応えのいいところで動こうと思っていました。まだ少し重い分、最後は止まりましたが、いい背中をしています。使って変わってきそうです」