【メイクデビュー】(東京4~5R)~ロッカフラベイビー、カボスチャンが勝利 [News]
2014/11/24(月) 15:15
東京4Rのメイクデビュー東京(牝馬・芝1600m)は、1番人気ロッカフラベイビー(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒9。2馬身差の2着に9番人気ホッコーヴァールが、半馬身差の3着に3番人気ヴェールデローザがそれぞれ入線。

ロッカフラベイビーは美浦・鹿戸雄一厩舎の2歳牝馬で、父キングカメハメハ、母シーディドアラバイ(母の父ジャングルポケット)。

レース後のコメント
1着 ロッカフラベイビー 三浦皇成騎手
「走るのはわかっていました。今日は追ってからの反応もよく、ほぼ馬なりでした。距離はもっとあってもいいと思いますし、距離を延ばしても楽しみです」

鹿戸雄一調教師のコメント
「調教で動きますし、素直な馬なので期待していました。最後もしっかりしていて、思ったよりも楽勝でした。次も楽しみです。落ち着いている馬なので、距離はもう少し延びても大丈夫です。今後は厩舎に戻して、次のことはゆっくりと考えます」

2着 ホッコーヴァール 田中勝春騎手
「残念です。勝ち馬に、先に前に入られてしまいました。それでもスッと反応してくれました」

3着 ヴェールデローザ 岩田康誠騎手
「乗りやすい馬で、しっかりとしています。姉(ヌーヴォレコルト)に似ていると思います。チャンスは回ってくるでしょう」

5着 ステラレガーロ 後藤浩輝騎手
「着差はほとんどなく、いい脚を使ってくれました。もったいなかったです。すごく素質を感じますし、期待ができます。気持ちがまさっていて、中身がまだ伴わないので今日はジックリと行きました」

10着 レッドマジュール 戸崎圭太騎手
「もう少しスタートしてから攻めていけばよかったです」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は、6番人気カボスチャン(後藤浩輝騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒0。クビ差の2着に1番人気グランシルクが、クビ差の3着に8番人気プレイヤーハウスがそれぞれ入線。

カボスチャンは美浦・牧光二厩舎の2歳牝馬で、父タニノギムレット、母マルカパール(母の父サンデーサイレンス)。

レース後のコメント
1着 カボスチャン 後藤浩輝騎手
「初めて乗りましたが、返し馬のときに敏感で瞬発力があるという印象でした。スタートがよく、道中もリラックスでき、直線に向いても冷静でした。馬が最後まで踏ん張ってくれましたし、私に勝利をプレゼントしてくれました。来年のクラシック路線にうまく乗せられるように、今後いろいろと複雑なレースを覚えさせたいです。(復帰後の初勝利について)初日のパドックから多くのファンが来てくれて最高でしたが、それ以上にウイナーズサークルが最高です。初日、2日目、今日と来られなかったお客さんも含めて、多くのファンの応援を受けたことが勝利につながりました。戻ってきてよかったと思います。これまで7ヶ月の苦しみを一瞬で超えられました。やっと戦いのスタートラインにつけたところで、まだまだこれからです。これで終わりではないので、次のレースに集中したいです」

3着 プレイヤーハウス 村田一誠騎手
「調教でもそうでしたが、フワフワしながら走っていました。それで3着ですから、これで変わってくるでしょう」

5着 トラキアンコード 岩田康誠騎手
「センスがあります。直線の半ばまでよくがんばっていました。まだまだ集中していないので、使ってよくなるでしょう」

9着 メイショウクロタカ 武豊騎手
「直線に向いてから、内にササってしまい、追えませんでした。調教の動きはよかったのですが......。いろいろなことを気にしながら走っていました。競馬慣れした方がいいですね」