【霜月S】(東京)~ジョヴァンニが早め先頭から押し切る [News]
2014/11/23(日) 16:53
東京11Rの霜月ステークス(3歳以上オープン・ダート1400m)は、10番人気ジョヴァンニ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒1。3/4馬身差の2着に6番人気レーザーバレットが、3馬身差の3着に9番人気シセイオウジがそれぞれ入線。

ジョヴァンニは栗東・千田輝彦厩舎の5歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母オータムメロディー(母の父Kingmambo)。通算成績は18戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 ジョヴァンニ 藤岡佑介騎手
「返し馬のときから雰囲気がよく、初めて乗りましたが、いいイメージを持てました。調教師からは出たなりで行ってくれと言われていました。状態のいいときに乗せてもらいました。結果が出せてよかったです」

千田輝彦調教師のコメント
「いつもは好位で競馬をする馬ではないのですが、前回ハイペースで飛ばしたことがいい方に出たのかもしれません。これまでブリンカーでストレスをかけて、今回外したのがよかったです。準オープンでちぎったこともありますし、『オープンでもやってもらわないと』と思っていたのでよかったです」

2着 レーザーバレット 横山典弘騎手
「よくがんばっています」

3着 シセイオウジ 丸田恭介騎手
「前回は直線に向いてすぐ追い出したのですが、残り50mぐらいで甘くなりました。今回はギリギリまで追い出すのを待ちました。しかし、前が開くところを探しながらの形になりました。最後まで伸びているのですが......」

4着 キクノストーム 内田博幸騎手
「外枠がよかったです。同じ距離を3戦続けていますが、1400mは合っていると思います」

6着 カネトシイナーシャ 後藤浩輝騎手
「いいレースでした。4コーナーでの雰囲気は今までとは違ったものがありました。返し馬から馬と会話しながら、手探りの状態で様子を見ていました。直線でも伸びていますし、最後はいい併せ馬の形になりました」

7着 ブライトライン 丸山元気騎手
「自分の競馬はできましたが、伸びかけて止まってしまいました。58キロもあったかもしれません」

12着 ガンジス 戸崎圭太騎手
「雰囲気がよく、いい形で運べました。しかし、追ってから気持ちが入りませんでした。以前に一回乗っているのですが、今日も同じような感じでした」