【花園S】(京都)~シンガリ人気のサンマルデュークが制す [News]
2014/11/23(日) 16:38
京都10Rの花園ステークス(3歳以上1600万下・ダート1900m)は、16番人気サンマルデューク(岡田祥嗣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒4。半馬身差の2着に2番人気マイネルクロップが、クビ差の3着に1番人気グレナディアーズがそれぞれ入線。

サンマルデュークは美浦・小島太厩舎の5歳牡馬で、父ロージズインメイ、母キミホウセキ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は28戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 サンマルデューク 岡田祥嗣騎手
「いい状態は維持できているとのことでした。今日は終いの脚を生かすレースをしようと思っていました。レースも流れて追走は楽でしたし、3~4コーナーではどこを割ろうかという手応えでした。器用さも見せてくれました」

3着 グレナディアーズ 北村友一騎手
「1コーナーが窮屈で、折り合いがつきませんでした。そこがスムーズならと思います。でも、ひと息入って、昇級戦でこれだけ走るのですから力があります」

5着 ヴォルケンクラッツ 和田竜二騎手
「外枠でうまく内に潜りこめず、一旦下げざるをえませんでした。ハミもとらず、いつものように弾けませんでした。でも、今日は昇級緒戦でしたからね」