【嵯峨野特別】(京都)~コウエイワンマンが2番手から抜け出す [News]
2014/11/23(日) 16:30
京都9Rの嵯峨野特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は、4番人気コウエイワンマン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒1。クビ差の2着に2番人気ヤマイチパートナーが、1馬身1/4差の3着に5番人気メイショウエゾフジがそれぞれ入線。

コウエイワンマンは栗東・川村禎彦厩舎の3歳牡馬で、父ジャングルポケット、母ジョウテンセレブ(母の父アジュディケーティング)。通算成績は14戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 コウエイワンマン 福永祐一騎手
「100点満点の競馬ができました。やはり2000mが合っていますね」

3着 メイショウエゾフジ 武幸四郎騎手
「自分の形に持ち込めましたし、よく走ってくれました」

4着 コルサーレ 浜中俊騎手
「道中はいい感じでしたが、4コーナーで前をつかまえに行くときには少し手応えが悪く、直線もいつもほど伸びませんでした。どうしてなのかわかりません」

5着 ファシーノ 北村友一騎手
「手応えはよかったですし、反応もよかったのですが、いい脚が一瞬だけで最後は少しダラッとしてしまいました。一瞬の切れを生かせる流れならもっとやれるでしょう。能力はありますから、あとは流れひとつだと思います」