【赤松賞】(東京)~ディアマイダーリンが接戦を制す [News]
2014/11/23(日) 16:19
東京9Rの赤松賞(2歳500万下・牝馬・芝1600m)は、4番人気ディアマイダーリン(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4。ハナ差の2着に3番人気テンダリーヴォイスが、3/4馬身差の3着に1番人気カービングパスがそれぞれ入線。

ディアマイダーリンは美浦・菊沢隆徳厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母オネストリーダーリン(母の父Kingmambo)。通算成績は4戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ディアマイダーリン 菊沢隆徳調教師
「前走でいい競馬をしてくれましたし、今日はマイル戦でしたが、東京なら流れが落ち着いているので大丈夫だと思いました。テンションの面で心配はありましたが、ギリギリもってくれました。競馬で気持ちが発揮されたと思います。今日は収穫がありました」

2着 テンダリーヴォイス 北村宏司騎手
「うまくスタートを切ってくれました。落ち着いた流れの中、馬群のポケットに入り、折り合いよく行けました。追い出しを我慢して、最後もよく伸びているのですが、相手がそれ以上に切れました。あそこまで行ったら悔しいです」

3着 カービングパス 柴山雄一騎手
「一瞬来るかと思いましたが、坂を上がってから同じ脚色になってしまいました。しかし、状態はよかったですし、気負いもなく落ち着いていました。けっこう脚も使っていますし、競馬も上手です」

5着 ホワイトエレガンス 松岡正海騎手
「がんばっています。気持ちが前向きになっていいのではないでしょうか。今日は行くなら行く、控えるなら控えると極端な競馬をさせようと思っていました。今日はゲートを出てくれましたし、頭数も少なかったので行こうと思いました。もう少し粘りたかったです」

7着 ダイワバーチュー 後藤浩輝騎手
「スタートからスムーズでしたが、直線でもうひと伸びしそうなところで、他の馬に寄られてブレーキがかかってしまいました。3、4着ぐらいはありそうだったのですが......。センスはあります」