【メイクデビュー】(京都5R)~サトノゼファーが逃げ切る [News]
2014/11/23(日) 15:30
京都5Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は、2番人気サトノゼファー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒8。半馬身差の2着に4番人気スペリオルラスターが、1馬身3/4差の3着に1番人気ヒルノリヴァプールがそれぞれ入線。

サトノゼファーは栗東・松田国英厩舎の2歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ダイワスピリット(母の父ダンスインザダーク)。

レース後のコメント
1着 サトノゼファー 岩田康誠騎手
「スタートよく、いい感じで運べました。コントロールしやすく、どこからでもレースができるタイプです」

松田国英調教師のコメント
「祖母のロンドンブリッジのように気性の面で心配はありますが、今日は気をつけていた分、装鞍所やパドックでも落ち着いていました。手脚の長い馬なので、2000mでのデビューとなりました。レースでは物見をしていたぐらいで、時計も悪くありません。あとは一回使って気性面がどう出るかでしょう」