【メイクデビュー】(京都5R、6R)~ショコラブラン、カプリチオーソが勝利 [News]
2014/11/22(土) 14:57
京都5Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、ダート1400m)は2番人気ショコラブラン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒2(良)。1馬身3/4差2着に1番人気ドラグーン、さらに1/2馬身差で3着に3番人気ショウサンカーズが入った。

ショコラブランは栗東・浅見秀一厩舎の2歳牡馬で、父クロフネ、母アグネスショコラ(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 ショコラブラン(福永騎手)
「ハミが抜けたりと難しい面もありますが、レースそのものは上手でした。道中はインコースで砂を被っても、ジッと我慢して、勝ってくれた訳ですから。能力はあります。あとは気難しい面を出さないようにしてくれればと思います」

2着 ドラグーン(岩田騎手)
「楽に行っていましたが、思ったほど弾けず、ジリジリとした脚になってしまいました」

3着 ショウサンカーズ(小牧騎手)
「まだ荒削りな馬、調教で修正しながら、レースではうまく走れました。ゲートは課題です。能力はあります」

4着 シンボリシャガール(小崎騎手)
「ゲートは出てくれました。もう少し早めに動けば良かったかもしれません。でも上積みはありそうです」

5着 チョウゴキゲン(幸騎手)
「最初、ポジションを取りに行った分、最後は脚が上がってしまいましたが、この馬は必ず上積みがありそうです」


京都6Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、芝1600m)は12番人気カプリチオーソ(田中博康騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(良)。1/2馬身差2着に11番人気メイショウナゴミ、さらにクビ差で3着に10番人気バルビーナが入った。

カプリチオーソは栗東・南井克巳厩舎の2歳牡馬で、父チチカステナンゴ、母ミラクルロンド(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 カプリチオーソ(田中博騎手)
「思っていた以上にゲートを出てくれて、ベストのポジションでレースが出来ました。お母さん(ミラクルロンド)にも乗っていましたが、お母さんは攻め馬も大変なくらい気性がきつかったのですが、この馬も気性の激しいところがあります。それでも、今日は折り合いがつきましたし、直線で狭いところを抜け出してくれました。この先、楽しみです」