【マイルCS】栗東レポート~ミッキーアイル [News]
2014/11/19(水) 17:45
☆11月23日(日曜日)京都競馬場で行われる第31回マイルチャンピオンシップ(芝外1600m,サラ3歳以上,オープン GI)に出走を予定しているミッキーアイルについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎ミッキーアイルについて、音無調教師

・休み明け初戦のスワンステークスでゲートという課題を含めていろいろ不安はありました。しかしゲートは満足とは言わないまでも結果は出ました。
・中間は坂路で放馬するという大誤算がありましたがすぐに掴まったということもありあまり気にはしていません。
・今朝の最終調整は単走で馬ナリ、外ラチを頼るような素振りをみせて遊びながらもいい時計(51.2-37.3-24.4-12.4)でした。本当はもう少し遅くてもかまわなかったのですが、馬ナリでもこれぐらい走りますからね。
・休み明けでスワンステークスを使った効果もあってか落ち着きがあります。
・この馬は結果的にずっと逃げて勝っていますが、早くトップスピードに入るから逃げる形になっているだけです。スタミナもあるので後はそれを生かしてレースをしてくれればと思います。
・今回はスワンステークスよりメンバーも強力になりますから、3歳でその中で勝つことが出来ればこの馬の力の証明になりますね。

◎ミッキーアイルについて、浜中騎手

・スワンステークスはゆっくりと行く形から途中でハナを切って道中はリラックスしていいリズム、しっかり直線は加速してゴール前は迫られながらも粘り腰。古馬相手にいい結果が出て満足のいくレースでした。
・今日の追い切りはいつも通りに最初の1Fは抑え気味でラストは反応をチェックする内容でした。いつもと変わらずいい調教が出来ました、状態の良さを感じます。
・とにかくこの馬は気分良く走らせてあげることです、いい二の脚ももっています。少しずつ大人になっていますが、この馬らしい性格は変わっていません。
・今回はGIで古馬とのレース、できれば良馬場希望、そして胸を借りるつもりでお客さんに楽しんでもらえるレースをしたいですね。

取材:檜川彰人.