【メイクデビュー】(京都5R、6R)~アンビシャス、スマートグレイスが勝利 [News]
2014/11/16(日) 15:10
京都5Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、芝1600m)は2番人気アンビシャス(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。2馬身1/2差2着に8番人気アルパーシャン、さらに1/2馬身差で3着に5番人気ウェーブキングが入った。

アンビシャスは栗東・音無秀孝厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母カーニバルソング(母の父エルコンドルパサー)。

~レース後のコメント~
1着 アンビシャス(ルメール騎手)
「ゲートを出る時に驚いたような感じでしたが、あとは集中して走っていました。他の馬を怖がることもなく、ゴーサインにもキッチリ反応して2頭の間を抜け出てきました。能力を感じる馬ですし、楽しみです」

3着 ウェーブキング(戸崎騎手)
「スタートをよく出て、少し位置を下げて行きましたが、上手にレースをしていました。性格のどっしりした馬で、なかなか前が空かないところもありましたが、よく抜け出て来てくれました」

5着 アドマイヤジャズ(藤岡康騎手)
「まだまだ馬が幼くて、揉まれないようにレースをしようと思っていました。スタートをよく出たので逃げる形になりました。体も全体に緩いところがありますから、少し時間は掛かるかもしれませんが、幼さが抜けてくれば走ってくると思います」

6着 ローデッド(蛯名騎手)
「ディープインパクト産駒らしい軽い走りで素質は感じますが、びくびくした感じで終始気を使って走っていました。これからレースに慣れれば走ってくると思います」

7着 シンプリースパーブ(藤岡佑騎手)
「いい位置でレースが出来ましたが、器用さがない分、脚を余す感じになりました。センスのいい馬ですから、次は変わると思います」


京都6Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、ダート1200m)は1番人気スマートグレイス(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒9(良)。8馬身差2着に2番人気エイシンアンティー、さらに1馬身3/4差で3着に4番人気スーパーノヴァが入った。

スマートグレイスは栗東・河内洋厩舎の2歳牝馬で、父ヤマニンセラフィム、母チーキーガールズ(母の父トワイニング)。

~レース後のコメント~
1着 スマートグレイス(武豊騎手)
「ゲートの中で少しガタガタしていましたが、出てからは速かったですし、調教通りでした。いいスピードがありますし、芝でもやれそうです」

2着 エイシンアンティー(岩田騎手)
「今日は相手が強かったですね。すぐにチャンスは来るでしょう。素直な馬でピッチ走法なので、短いところが向いていると思います」

4着 スナークメジャー(水口騎手)
「少し砂を被ると嫌がる面を見せていましたが、終いは伸びていました。使って良くなってくると思います」