【デイリー杯2歳S】(京都)~タガノエスプレッソが重賞初V [News]
2014/11/15(土) 17:05
京都11Rのデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・芝1600m)は、5番人気タガノエスプレッソ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒1。半馬身差の2着に2番人気アッシュゴールドが、1馬身半差の3着に1番人気ナヴィオンがそれぞれ入線。

タガノエスプレッソは栗東・五十嵐忠厩舎の2歳牡馬で、父ブラックタイド、母タガノレヴェントン(母の父キングカメハメハ)。通算成績は4戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 タガノエスプレッソ 岩田康誠騎手
「道中、押し出される形で折り合いを欠きかけましたが、しっかり我慢して走ってくれました。素直でどんなレースでもできる馬です。今日は4コーナーまで無理せずレースを運んで、前は交わせると思っていました。本当に頭のいい馬です」

五十嵐忠男調教師のコメント
「行きたがる馬をジョッキーがうまくなだめてくれて、直線では後ろから馬が来るともうひと伸びしていました。あらためて根性のある馬だと思いました。次はいろいろと調整しなくてはいけないので、ここですぐには決められませんが、一応朝日杯を目標にしたいと考えています」

2着 アッシュゴールド 池添謙一騎手
「今日はおおむね折り合いはついていました。今後のことを考えて、急に動いたりせず、勝ち馬が動くのを見ながらジワジワ動いていきました。あと一歩でしたね。3コーナーの下りの走りからすると、もう少しトモがしっかりしてくればと思います。とにかく2着で賞金加算はできました。これからの馬ですからね」

3着 ナヴィオン 福永祐一騎手
「スタートをよく出て、いいポジションにつけられましたが、引っかかっている馬に前に入られて後ろに下がってしまいました。馬がしっかりしてきて、好位でレースができるようになっていただけに、あの不利は残念です」

4着 アルマワイオリ 勝浦正樹騎手
「今日はスローな中で力んでしまい、いいところを出せませんでした。でも、今日の走りを無駄にしないよう、次の朝日杯では結果を出したいと思います」

5着 レザンドゥオール C.ルメール騎手
「まだ集中力が足りず、子どもっぽいところがあります。今日が初めての芝で比較はつきませんが、ダートの方が合っているように思います。距離は1400~1600mがいいと思います」

6着 ケツァルテナンゴ 浜中俊騎手
「もうひとつ前のポジションを取りたかったのですが、ゲート内で少しうるさいところを見せて、思うようなポジションを取れませんでした。気性が落ち着いて、もっとリラックスして走れればもっとやれると思います」