【比叡S】(京都)~スズカデヴィアスが積極策から押し切る [News]
2014/11/15(土) 16:28
京都10Rの比叡ステークス(3歳以上1600万下・芝2200m)は、6番人気スズカデヴィアス(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒7。1馬身1/4差の2着に1番人気シャドウダンサーが、2馬身差の3着に5番人気リヤンドファミユがそれぞれ入線。

スズカデヴィアスは栗東・橋田満厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スズカローラン(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は10戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 スズカデヴィアス 藤岡佑介騎手
「前回は早めに動いてフワッとした感じになったので、今日は気を抜かさないようにレースをしました。いいタイミングで動くことができましたし、加速しながらゴールする形になりました。スタミナがあって折り合いもつきますから、長い距離で活躍していけそうです」

2着 シャドウダンサー 岩田康誠騎手
「直線に入ってからいい感じで伸びたのですが、耳を絞るような感じで交わすことができませんでした。今日は勝ち馬がよく伸びていました」

5着 リメインサイレント 福永祐一騎手
「流れが遅かったので早めに動きたかったのですが、今日は坂の下りでうまく加速できませんでした」