【御陵特別】(京都)~タガノゴールドがゴール前で抜け出す [News]
2014/11/15(土) 16:25
京都9Rの御陵特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は、7番人気タガノゴールド(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒3。1馬身半差の2着に1番人気タガノビリーヴィンが、1馬身3/4差の3着に2番人気シュミットがそれぞれ入線。

タガノゴールドは栗東・川村禎彦厩舎の3歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母アンテヴォルテ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は13戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 タガノゴールド 北村友一騎手
「前走は外から被せられて直線やめるような形になりましたが、今日は人気馬の後ろでうまく脚がたまりましたし、揉まれずに運べたことがよかったのだと思います。ただ、気性で難しいところがあるので、そのあたりが改善してくればと思います」

2着 タガノビリーヴィン 武幸四郎騎手
「硬くなる面がある馬ですが、今日はそんなところはまったくなく、いい状態でした。ただ、直線は並ぶ間もなく交わされてしまいました」

3着 シュミット 川田将雅騎手
「最近は安定したレースぶりで、今日もゴール前までしっかりと走ってくれました。いい内容のレースでした」

4着 スズカルパン 和田竜二騎手
「今日は絶好の手応えでレースができました。時計のこともあるのかもしれませんが、もうワンパンチが欲しいです」

5着 メイショウドゥーマ 藤岡康太騎手
「ロスなくリズムよく走って、直線で外に出したらいい脚を使ってくれました。展開ひとつでチャンスがありそうです」