【オキザリス賞】(東京)~ブルドッグボスが人気に応える [News]
2014/11/15(土) 16:11
東京9Rのオキザリス賞(2歳500万下・ダート1400m)は、1番人気ブルドッグボス(R.ムーア騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒0。1馬身1/4差の2着に6番人気ノブワイルドが、1馬身1/4差の3着に5番人気ダイワインパルスがそれぞれ入線。

ブルドッグボスは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母リファールカンヌ(母の父デインヒル)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ブルドッグボス R.ムーア騎手
「すごいスピードを持った馬です。いい位置につけられましたし、反応よく伸びてくれました。しかし、最後は疲れた感じがあったので、この距離がベストかもしれません」

2着 ノブワイルド 田中勝春騎手
「よくがんばってくれたのですが......。距離は問題なかったです」

3着 ダイワインパルス 北村宏司騎手
「よく伸びています。まだ緩さもありますし、変わってくるでしょう」

6着 スマートアヴァロン P.ブドー騎手
「距離が短かったです。ついて行けませんでした。それでも最後は伸びていて、最後の1ハロンはいちばん速いのではと思わせるほどでした。もっとゆったりと行ける距離なら勝ち負けでしょう。もったいなかったです」

7着 アルタイル 松岡正海騎手
「前にフラフラする馬がいて、4コーナーでも外を回らされました。あれがなければ3着か4着はあったと思います」

9着 フィドゥーシア 武豊騎手
「前半は嫌がっていました。その後は外に出しましたが、伸びませんでした。今日は馬もイライラしていましたし、走りもおかしかったです」