アスカクリチャン競走馬登録抹消、種牡馬に [News]
2014/11/12(水) 15:56
2013年のアルゼンチン共和国杯(GII)などに優勝したアスカクリチャン(牡7 栗東・須貝尚介厩舎)は、きょう11月12日付で競走馬登録を抹消した。今後は種牡馬となる予定で、繋養先は未定となっている。

なお、アスカクリチャンは11月2日の天皇賞(秋)のレース中に左後繋靭帯断裂を発症していた。

(JRA発表)

アスカクリチャンは父スターリングローズ、母ローレルワルツ(母の父ダイナレター)。通算46戦7勝(うち海外1戦0勝)、重賞は2013年アルゼンチン共和国杯のほか、2012年の七夕賞(GIII)を制している。